Windows10 メールアプリを使わないわけ

Windows10のメールアプリの制約
1.受信時にメールサーバから電子メールを削除することができない。(受信後にアプリ上で電子メールを削除して同期した場合、サーバ上の電子メールも削除される)
・利用しているPCに受信した電子メールを保存することができない。
2.メールサーバの容量(50MB)を超えると、過去分から自動的に削除される。
3.振り分け機能をサポートしていない
4.最低限のメールの送受信機能しかサポートしていない。

POPメールを利用する場合や、フォルダー分けしたりする仕事メインのメールには向かない。

Office附属のOutlookや、
Windows Essentials附属の Windows Liveメール 2012
が一般的でしたが、2017年の1月にサポート終了しました。つまり、Windowsアップデートで配布される、セキュリティ更新プログラムが提供されないということです。

「セキュリティの脆弱性を付いたウィルスを防ぐために、法人でも多大なる投資をして対策をしているなか、このようにセキュリティ更新プログラムが配布されないソフトを使うのは、あまりにも身勝手というものです。
このような環境でウィルス感染しても、被害者ではなく 加害者 になりうる可能性があることも自覚してください。」
参照:http://yakudate.com/livemail-support-end/

無難なのはOutlookですが、
これが何とも使いにくい。試してみる度にいらっとするので、私は進めていません。

「Outlookを捨てた5つの理由」に同感です。

となると、Thunderbirdぐらいでしょうか。Win10のセットアップを頼まれる場合、最近はこれを入れています。


しかし、私は秀丸メール を使い続けています。

Thunderbirdを試した時期もありますが、重さに耐えられなくなり もどりました。

このメールの使いやすさに馴れると、他のものを使う気にはなれません。

起動が早い 検索が早い
大量のメールを受信していても、フォルダの切り替えもスムーズで、カスタマイズもでき、
新PCへの移動や、保存などが、大変わかりやすい。
仕事に使うので 軽い バックアップ取りやすいは 必須条件
メールを色分け出来るのも重宝。

名前とデザインが古いけど、中身は秀逸

Googleマップ埋め込み時にAPIキー完全必須

Google MAPS APIが7/16有料化?地図を埋め込んでいるサイトは要確認!
https://fastcoding.jp/blog/all/jquery/google-maps-no-longer-free/

完全に有料化するのではなく毎月200ドルまでの無料利用分が設定されており
グーグルによるとほとんどのサイトはこの無料分を超えることはないそうです。

EUデータ保護指令

「GDPR」は、「EU General Data Protection Regulation」の略だ。日本語では「EU一般データ保護規則」等と訳されているが、EU域内の個人データをEU域外に持ち出すことを厳格に制限する法律で、EU加盟国全てに適用される。

関係しそうな部分は

ドメインのWhois表示についてです。

これまで登録者や管理者の電子メールアドレス等が
表示されていましたが、これらのメールアドレス等が個人情報とみなされるため、Whois情報を管理してい
るドメインのレジストリ、レジストラにおいて電子メールアドレス等を非表示にする措置がGDPR施行後に行われているので、見えなくなっていく・・・ってことですかね?

Google アナリティクス覚え 2018.4.12

これは4月12日付けのお知らせの翻訳版です。
Google アナリティクス管理者の皆様
Google ではこの 1 年間、2018 年 5 月 25 日に施行される新しいデータ保護法「一般データ保護規則」の要件を満たすための取り組みについてお伝えしてきました。本日は、Google アナリティクス データへの影響が予想される重要なサービス変更と、一般データ保護規則の施行に備えるための最新情報についてお知らせいたします。お客様のユーザーの拠点が欧州経済領域(EEA)以外の場合でも、このメールをお読みいただき、必要な対応を行っていただけますようお願いいたします。
サービスの更新情報
Google は本日、詳細な管理が可能なデータ保持設定を導入し、Google のサーバーに保存されているユーザーデータとイベントデータの保持期間を、お客様ご自身で管理していただけるようにいたしました。2018 年 5 月 25 日より、ユーザーデータとイベントデータはこの設定に即して保持されるようになり、ご指定の保持期間を過ぎたデータは、Google アナリティクスによって自動的に削除されます。なお、この設定は集計データに基づくレポートには影響しません。
必要なご対応: 上記のデータ保持設定をご確認のうえ、必要に応じてご変更ください。
5 月 25 日に先立って、Google は新たにユーザー削除ツールも導入いたします。このツールを使うと、個々のユーザー(サイトの訪問者など)に関連付けられたすべてのデータを、Google アナリティクスやアナリティクス 360 のプロパティから削除できます。この新ツールは、アナリティクスの Client-ID(Google アナリティクスの標準的なファーストパーティ Cookie)や、User ID(有効な場合)、App Instance ID(Firebase 向け Google アナリティクスをご利用の場合)に送られる一般的な識別子に基づいて自動的に機能します。詳細につきましては、まもなく Google Developers サイトでお知らせいたします。
Google は今後も従来と変わらず、お客様によるデータ保護を可能にする取り組みを続けてまいります。Google アナリティクスとアナリティクス 360 では、データの収集、使用、保持に関するさまざまな機能とポリシーを今後も提供し、お客様がご自身のデータを保護できるようにサポートいたします。たとえば、お客様の会社に固有の状況とアナリティクスの実装方法を踏まえて一般データ保護規則の影響を評価するうえで、カスタマイズ可能な Cookie 設定プライバシーに関する設定データ共有設定アカウント閉鎖時のデータの削除IP の匿名化といった機能がお役に立つ可能性がございます。
契約とユーザーの同意に関する更新内容
契約に関する変更
Google では昨年 8 月より、多くのサービスの契約条項を更新し、新しい法律の下での Google の立場をデータ処理業者またはデータ処理管理者のいずれかとして示しています(Google 広告サービスの全分類をご覧ください)。一般データ保護規則に関する新しい条項は、Google との現在の契約を補完するもので、2018 年 5 月 25 日に発効します。
Google アナリティクスとアナリティクス 360 のどちらにおいても、Google は各サービスで処理される個人データの処理業者としての役割を果たします。
  • 欧州経済領域以外で Google アナリティクスをご利用のお客様と、アナリティクス 360 をご利用のすべてのお客様は、各アカウントの管理画面([管理] ➝ [アカウント設定])でデータ処理規約の更新版の確認と、更新版への同意が可能になっております。
  • 欧州経済領域で Google アナリティクスをご利用のお客様は、データ処理規約の更新版がすでに契約に含まれております。
  • Google とデータ測定サービスの利用契約を交わされていない場合は、ご契約先にご相談ください。
EU ユーザーの同意ポリシーの更新
Google の広告向けの機能に関するポリシーの規定により、Google アナリティクスまたはアナリティクス 360 の広告向けの機能をご利用のお客様は Google の「EU ユーザーの同意ポリシー」を遵守していただく必要がございます。Google の「EU ユーザーの同意ポリシー」は現在更新中で、更新されると一般データ保護規則の新しい法的要件が反映されます。更新版では、欧州経済領域においてお客様のサイトやアプリを利用するエンドユーザーに情報を開示し、かかるエンドユーザーから同意を得ることについて、お客様の責任が明確に示されます。
必要なご対応: お客様が欧州経済領域を拠点とされていない場合でも、Google アナリティクスとアナリティクス 360 をご利用の際にお客様のビジネスが一般データ保護規則の適用を受けるかどうかについて、貴社の法務部門や顧問弁護士と相談することをご検討ください。そのうえで、データ処理規約の更新版の確認と同意、EU ユーザーの同意ポリシーに準拠するための行動計画の立案をご検討ください。
詳細
データに関する Google のプライバシー ポリシーと取り組みの詳細については、privacy.google.com/businesses でご確認いただけます。また、データ処理規約もご覧いただけます。
今後数週間、Google のプランに関する詳しい情報を引き続きお知らせしてまいります。また、必要に応じて関連するデベロッパー向けドキュメントやヘルプセンター記事を更新してまいります。
何卒よろしくお願い申し上げます。
Google アナリティクス チーム

アナリティクスのデータ保持期限の設定が必要になる

アナリティクスのデータが設定しておかないと、消えることになったようだ。

https://support.google.com/analytics/answer/7667196

オプションを設定する

このオプションを設定するには、プロパティの編集権限が必要です。

  1. Google アナリティクスにログインします。Google アナリティクスにログインします。
  2. [管理] をクリックして、編集するプロパティに移動します。
  3. [プロパティ] 列で、[トラッキング情報] > [データ保持] をクリックします。
  4. ユーザーデータの保持: 希望の保持期間を選択します。
  5. 新しいアクティビティをリセット: スイッチをオンまたはオフにします。

詐欺メール 中国語ドメイン詐欺

Dear Sir or Madam,
Thanks for reading this letter. This is a letter regarding studiofine brand and domain names(cn hk etc). We are a Chinese domain registrar and received the registration application from Tiger Int’l Company and found the main body of those brand and domain names is same as your company’s name. Therefore, we confirm with your company to verify whether or not you two companies are affiliated. Please reply me ASAP. Thanks for your cooperation.
Best regards,
Anthony Luo
Tel:+86.551.63491192
Fax:+86.551.63491192
Address:No.313, Changjiang Zhonglu, Hefei 230000 China

アパッチは無事に動いている・・・

こちゃこちゃ触っていたら下記のページが(^^;)。

Google様に翻訳をしてもらい。ちょっとほっとして、

慌てて設定を戻しました。


Apache 2 Test Page
powered by CentOS

This page is used to test the proper operation of the Apache HTTP server after it has been installed. If you can read this page it means that the Apache HTTP server installed at this site is working properly.
If you are a member of the general public:

The fact that you are seeing this page indicates that the website you just visited is either experiencing problems or is undergoing routine maintenance.

If you would like to let the administrators of this website know that you’ve seen this page instead of the page you expected, you should send them e-mail. In general, mail sent to the name “webmaster” and directed to the website’s domain should reach the appropriate person.

For example, if you experienced problems while visiting www.example.com, you should send e-mail to “webmaster@example.com”.
If you are the website administrator:

You may now add content to the directory /var/www/html/. Note that until you do so, people visiting your website will see this page and not your content. To prevent this page from ever being used, follow the instructions in the file /etc/httpd/conf.d/welcome.conf.

You are free to use the images below on Apache and CentOS Linux powered HTTP servers. Thanks for using Apache and CentOS!

[ Powered by Apache ] [ Powered by CentOS Linux ]
About CentOS:
The Community ENTerprise Operating System (CentOS) Linux is a community-supported enterprise distribution derived from sources freely provided to the public by Red Hat. As such, CentOS Linux aims to be functionally compatible with Red Hat Enterprise Linux. The CentOS Project is the organization that builds CentOS. We mainly change packages to remove upstream vendor branding and artwork.

For information on CentOS please visit the CentOS website.

Note:

CentOS is an Operating System and it is used to power this website; however, the webserver is owned by the domain owner and not the CentOS Project. If you have issues with the content of this site, contact the owner of the domain, not the CentOS Project.

Unless this server is on the CentOS.org domain, the CentOS Project doesn’t have anything to do with the content on this webserver or any e-mails that directed you to this site.

For example, if this website is www.example.com, you would find the owner of the example.com domain at the following WHOIS server:

(:80)? これがわからない

www無しでリダイレクトする記述を htaccessに書いたが思うように動かない。

(:80)?これがないと動かない

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(www.studiofine.net)(:80)? [NC]
RewriteRule ^(.*) http://studiofine.net/$1 [R=301,L]

意味不明なまま、とりあえず動くので覚え書きとしておきておくことにする。