手持ちの機種からWindows10へアップグレードするときのデメリット

Windows10デメリット

1.Windows10に対応していないドライバが必要な周辺機器(テレビチューナー、プリンタ、マウスなど)があると困る
2. Windows10に対応しているのは最新のソフトだけ。
3. DVDの再生はできない(Windows 8や8.1と同じ)

※Windows7からのアップグレードのみDVD再生可能。アップグレード後最初の更新で入るが、それをしないと、もしくは失敗になると、1500円で購入するしかなくなる。

印刷用の写真を送るときの注意

写真の解像度に気を配ってください。

具体的に

LINEやFaceBookで写真を送らないでくださいね。

勝手に解像度が低く変更されています。

最近は、スマホの写真でも、大概使えますが、

全体がきちんと写っているものを

縮小せずに、元サイズのまま送ってください。

パソコンのメールで、オリジナルサイズのものを送ってくださるのが一番です。

サイズが大きいと、メール送信ができませんが、その場合は

オンラインストレージ DropBoxの共有設定を使うとか、

ややこしいと思われる場合は、USBやDVDなどにデータを入れて郵送が確実です。

紙焼き写真からスキャニングして使用することも出来ますが、画質は格段に違います。

出来上がりの質にこだわる方は、写真の質にもこだわってください。

お願いします。

GoogleChrome 公式サポート終了のOSサポートはしないと発表しました。

グーグルは、公式のサポートが終了したOSのサポートを来年4月に終了すると発表しました。

対象

Windows XP、Vista、

Mac OS X 10.6〜10.8

 

サポートが終了したChromeを古いバージョンで使い続けると、ウィルス感染する可能性があるということです。

古いOSを使う場合は、インターネットにつながないでお使いくださいね。

Internet Explorer 8、9、10のサポートを終了

要注意。2016年1月12日で、マイクロソフトが、Internet Explorer 8、9、10のサポートを終了し ます。

今後、これらのバージョンへのアップデートはありません。(セキュリティアップデート含む)。

Internet Explorer 11(Windows 7, Windows 8.1, and Windows 10上)のサポートは継続されます。

今後はEdge ということになります。

Windows 7 に Windows Live メールをインストールする方法(マイクロソフトサイト)

https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-7/guide/mail03.aspx

1.[スタート] ボタンをクリックして、[はじめに] をポイントし、[Windows Live] をクリックします。

Windows 7 に Windows Live メールをインストールする方法 2

2. Windows Live メールのダウンロード サイトに接続したら、[今すぐダウンロード] をクリックします。

Windows 7 に Windows Live メールをインストールする方法 3

3. メッセージが表示されたら、[実行]をクリックします。

4. メッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

Windows 7 に Windows Live メールをインストールする方法 5

5. インストールするソフトウェアを選択します。[メール] にチェックを入れて、[インストール] をクリックします。

メールをサーバーに残す時の設定(Windows Live メール)

Windows Live メールの初期設定では、サーバーにメールを残すようになっています。

ただ、サーバーの容量には制限があるので、「 サーバーにメッセージのコピーを置く 」 のチェックマークをはずしてください。

または、「 サーバーから削除する 」 にチェックを入れて、サーバーに届いてから何日か(たとえば7日)過ぎたメールは削除するよう設定されることをおすすめします。

1. フォルダーウインドウでアカウント名を右クリックし、メニューの「 プロパティ」 をクリックします。

2. 「 詳細設定」 タブをクリックし、「配信」の「 サーバーにメッセージのコピーを置く 」 のチェックマークをはずして「 OK」 をクリックします。

ブラウザのキャッシュを無視して再読み込みする方法。

サイトの更新後、確認すると、何も変わらず、古いファイルが表示される場合があります。

これは速度の向上のため、ブラウザのキャッシュが、前回保存したファイルを表示しているのです。

こういうばあい、「F5」(Internet Explorer)を押すと画面が更新されます。

それでも更新されない場合は、ブラウザのキャッシュが強いためだと思われます。

以下をおためしください。

1.インターネットエクスプローラー Windows Internet Explorer

Ctrl + 更新ボタン

Ctrl + F5

それでもダメなら、一時ファイルを削除してから再度挑戦

2.ファイヤーフォックス Mozilla Firefox

Shift + 再読み込みボタン

Ctrl + F5

Ctrl + Shift + R

3.グーグル クロム Google Chrome

Ctrl + 更新ボタン

Shift + 更新ボタン

Ctrl + F5 Shift + F5

4.サファリ Safari

Shift + 更新ボタン

Ctrl + Shift + R Ctrl + R

5.オペラ Opera

更新ボタン

F5キー

Ctrl + R

6.マック Apple Mac(Macintosh)

Command + R (Chrome、Safari、Opera)

Command + Shift + R (Firefox)

消えたお気に入りを表示させる方法(IE)

1.インターネットエクスプローラー(IE)画面右上、閉じるボタンの下の方に「☆印」がありますので、それを押してください。そうするとお気に入りの一覧が「右側」に表示されます。
2.一覧画面の左上に「←小さな矢印」がありますので、それをクリックしてください。一覧が左端に移動します。

Outlook Express 「送信者を禁止する」設定の戻し方

Outlook Expressの「送信者を禁止する」設定の戻し方

※Outlook Express5.5

1 Outlook Expressのメニューから「ツール」→「メッセージルール」→「禁止された送信者の一覧」を選ぶ。

「ツール」-「メッセージルール」-「禁止された送信者の一覧」起動

2 「送信者を禁止する」タブの一覧から、該当する送信者を選択し、「削除」]ボタンをクリックする。

メッセージルール

3 削除の確認メッセージが表示されるので「はい」をクリックする。

削除の確認メッセージ

4 禁止された送信者が無いことを確かめたら、「OK」をクリックする。