重宝されるサポート

自分でホームページ運営するのには、ちょっと自信がない。そういう時の相談できる相手としてのサポートを望まれる方々が多くおられます。

実はこの部分を、一番重宝に思ってくださる方々がおられます。
そういう方々は、時間がかかっても、大抵めざましく発展していかれるので、本当に嬉しいものです。

もちろん、こちらで作成し、管理を担当させて頂いている方々のホームページのみですが、目を見張るほど変化の早いWEBの世界に、しっかり根を下ろす。重要なサポートです。

ますます頑張りましょう。

Webの世界も随分と変わりました。

以前は、最初の一行からhtmlを書いてサイトを作っていたので、それはそれは時間もかかるし、大きなサイトになればなるほどチームを組まなければならないので、大事でありました。
そのくらい、専門家じゃないと、きちんとしたものは出来ないという状況があったわけです。

また現在でも、大がかりなシステムが必要なサイトは、桁違いの費用が必要です。

そこまで必要でない場合、現在では、自社や自分で作る方が多くなっています。

いろいろなサービスを使い、ある程度のスキルがあれば、見た目に普通のサイトが出来るようになったからです。

会社の場合は担当者を置き、その人が担当するので、管理や更新もその人に頼れるのですが、その人がどのぐらいWebを理解しているかは千差万別ですよね。

また個人の場合、Web担当者を置くわけにもいかず、すべて自分で対応せざるを得ないと思います。

でも、
忙しかったり、お手上げだったりすることもありますね。

「この記事をアップしてほしい」
「この集合写真の何人かの顔をぼかしてアップしてほしい」
「このキーワードで、もう少し上位に行きたい」
「イベントするのでバナーを作ってほしい」
「この商品の色を変えてほしい」
「新規サイトがリーズナブルにほしい」

スタジオファインは、こういう方のお手伝いをしています。

ホームページとブログとfacebook

感覚的な位置づけとして

ホームページは「基本情報」を整理してわかりやすく周知させるためのページ。事業やお店などのベース。

ブログは、日常的なことの報告や、基本情報以外のものを掲載するところ。

facebookは、時系列で人とコミュニケーションをとったり、つながったりするところ。日々の情報をアップして、ホームページと連動して利用。

きちんとした内容は、ホームページ(ブログ)でアップするべき。なぜなら時系列で並ぶFacebookやTwitterは、情報の古いものが埋もれてしまうからです。

新規サイト作成時 確認情報

1.サイトを作成しただけでは、人は見てくれません。

どんなに凝った作りで、かっこよく高い費用を出して作ってもらっても、作った後何もしなければ、人は訪れません。

作った後、

お金をかけられるなら、手間暇のかかることを外部委託したり、広告を出すなどの方法があります。

お金をかけないなら、自分で手間をかけて育てていく必要があります。

たとえば、ブログを各、サイトを常に更新する。新しい情報を掲載する。サイトのページをどんどん増やすということなどです。

 

2.サイトの目的を確認

物を売りたい

予約を取りたい

店を宣伝したい

会社のサイトは最低限必要である。

 

3.一つのサイトの目的はひとつ

会社紹介と、商品販売をひとつのサイトにまとめようとすると失敗します。

専門的なひとつのものに限った方が、必ず良い結果をもたらします。

 

4.検索結果では、内部のページが直接現れます。

内容をしっかり作ることを気にしてください。

 

5.コメントとか掲示板とか、ユーザーの反応に即答えることが出来ないなら、省くべきです。

お問い合わせは、早くお返事するように心懸けてください。

 

 

 

Flashについて

Web業界としては大昔、Flashが一世風靡していたころ、ゲームやバナーや、ちょこちょこ作っていましたが、今となっては、PCでしか遊べないゲーム。

古そうな 動くイメージとしてFlashを使っているサイトを見ると、
ちゃんとスマホ モバイルサイト 対応してるのかなって 思います。

iPhone iPad Android……Flashが見れない環境も多いので、使うメリットがないです。

動画のときぐらいだけど、それも、いろいろ様子見が必要な現状です。

javascript jQuery HTML5で、対応する。どれが一番長持ちするかなぁ。

flashについて検索してみると、下記をみつけました。

GoogleがFlashを使った広告を全面禁止へ、HTML5ベースに

 

予算をおさえたい人に合わせて最大限実現するように考えます。

予算って重要です。どなたも、最重要視されます。

私も、お客様の身になって考えられるので、気持ちはすごくわかります。

しかししかしです。

————————————————–

初めて作るから、一番単純なテンプレでいいよ。費用はかけられないので、と言いつつ、

自分で更新ができて、販売ができて、独自フォームつけて、掲載は「・・」という言葉でトップになれば、それでいいから。データがないので、文書もロゴも作ってね。写真も探してね。スマホ対応SNS もよろしく。

————————————————–

いや、これだけやったら 費用かかりますって。

作成途中に、変更やらご希望やら、増えていく場合もあるので、予算は余裕をもっておいてくださいね。

そして

お店をオープンしても維持費はかかります。きちんとしたサイトは、必ず費用がかかります。

最低限が維持費、そして、更新、SEO、広告、サポート

この維持費の支払い 昨今は、選べば随分安価なものが選べます。この支払いも出来ないならば、営業計画の見直しが必要なのではないでしょうか。

ご希望を最大限実現できるようにすりあわせるしかないですね。優先順位決めて、考えていきましょう。

Webサイトを作ったあと どうして費用がいるのか。何をしているの?

Webサイトを作ったら、その後、何をしているかを書いておきます。

会社を お店を 団体を 教室を イベントなどなど さまざまなことを
世間一般に公開するのが  → サイト制作

そのサイトを健全に運営することが →保守・維持・運営 です。


※作成以前

1.サーバーは、サイトの置き場所。そもそもこれがないとサイトが公開できません。

2.独自ドメインは、自分の存在を知らせる為の名前です。法人なら co.jp or.jp  一般的なものに .jp .com .net などなど価格も種類もいろいろ。名前をおぼえてもらいたいなら必須ですの商標にあたるものです。
メリット1:ドメイン取得により、しっかり管理しているという信頼感
メリット2:サーバー移転時にドメイン、メール変更をせずにすむこと
メリット3:短いURL、サイトの認知度があがる


※作成後

【A】最低限の保守管理に必要な重要項目です
・ドメインの維持管理(代理取得・委託管理)
・サーバーの維持管理(委託管理)
・メールサーバーの維持管理(追加、設定管理)

【B】サイト運営に必須の基本項目です。
☆更新・修正作業(静的サイト、動的サイト、記事、写真などの更新)
☆メインプログラムの維持管理
☆プラグインの更新処理(CMS)
☆バックアップ(CMS データベースとファイル)
☆サイトマップ送信
☆検索順位チェック
☆アナリティクス登録
☆ツールへの登録
☆サイトマップの登録
☆サイト登録

【C】さらにレベルの高い運営が必要な場合の項目です
☆☆Googleプレイス登録
☆☆ショップ運営
☆☆商品アップ
☆☆リスティング広告記事制作アップ
☆☆リスティング金額変更操作
☆☆各種取り次ぎ業務

定額プラン
【A】保守管理
【B】運営とサポート
【A】+【B】保守管理・運営とサポート
【A】+【B】+【C】保守管理・運営・トータルサポート

アドバイス
・きちんとした内容のページをきちんと作りましょう。
・URL告知のおすすめ(紙媒体掲載、メール署名に追加、リンク集掲載依頼、Twitter FB)

実に、いろいろに やるべき事があります。

少しでもいいものを作るべく、勉強と経験で長年培ったWebのあれこれを注入するのが、私の仕事です。

がんばります。

サイトリニューアルについて最近受けた相談事

数年前Tさんがお店をひらきました。
ホームページを無料で作りますよという業者が来たので、作ってもらいました。月々の費用は必要です。

払い続けていましたが、数年たち、なんのフォローもなく更新もないサイトに払い続けるのが無駄だということに気づかれました。(累積すると結構な金額になっており、放置サイトにかける費用としてはありえない高額な費用です)

業者に信頼がおけず、縁を切りたい。内容も古いまま、イメージも気に入らないのでサイトリニューアルがしたいと相談されました。

さぁ 問題は ドメインです。IPからドメインが誰のものになっているかを調べてみました。
Tさんの名前にはなっておらず、記載された内容から、どういう業者かが類推できました。

移管には業者側からの承諾を申請する必要がありますが、名義変更や譲渡・移管手続きを、スムーズにしてくれるとは思えません。そういうことが書かれた契約書もありません。

私の結論

そのドメインはあきらめて、新たに取得して、新たに作ることをおすすめします。
その方が、結局は将来のため、お店のためになると思います。

サイトの規模

おかげさまで、様々なご希望により、いろいろに経験させていただきました。

新規スタートされる場合は、導入しやすい 5ページから10ページ程度の規模のサイトが一番始めやすいと思います。

独自受注で経験した最大規模のものは静的サイトで150ページ超えのものがあり、この規模の場合はチームを組んで制作いたしました。

また、クライアント様によっては、職種、取扱い内容、事業所別に、それぞれ、サイトが必要なことがあり、そうなると、結構な規模になったりいたします。

上記のページの数え方は、いわゆる静的サイト 1ページの内容が、紙ベースでA4 2枚程度までのイメージで、考えてください。

個別商品を購入向けに作るランディングページは、見た目は1ページですが、一サイト構築レベルと一緒です。ネット販売、ネット広告、様々なものと連動してこそのページです。