アパッチは無事に動いている・・・

こちゃこちゃ触っていたら下記のページが(^^;)。

Google様に翻訳をしてもらい。ちょっとほっとして、

慌てて設定を戻しました。


Apache 2 Test Page
powered by CentOS

This page is used to test the proper operation of the Apache HTTP server after it has been installed. If you can read this page it means that the Apache HTTP server installed at this site is working properly.
If you are a member of the general public:

The fact that you are seeing this page indicates that the website you just visited is either experiencing problems or is undergoing routine maintenance.

If you would like to let the administrators of this website know that you’ve seen this page instead of the page you expected, you should send them e-mail. In general, mail sent to the name “webmaster” and directed to the website’s domain should reach the appropriate person.

For example, if you experienced problems while visiting www.example.com, you should send e-mail to “webmaster@example.com”.
If you are the website administrator:

You may now add content to the directory /var/www/html/. Note that until you do so, people visiting your website will see this page and not your content. To prevent this page from ever being used, follow the instructions in the file /etc/httpd/conf.d/welcome.conf.

You are free to use the images below on Apache and CentOS Linux powered HTTP servers. Thanks for using Apache and CentOS!

[ Powered by Apache ] [ Powered by CentOS Linux ]
About CentOS:
The Community ENTerprise Operating System (CentOS) Linux is a community-supported enterprise distribution derived from sources freely provided to the public by Red Hat. As such, CentOS Linux aims to be functionally compatible with Red Hat Enterprise Linux. The CentOS Project is the organization that builds CentOS. We mainly change packages to remove upstream vendor branding and artwork.

For information on CentOS please visit the CentOS website.

Note:

CentOS is an Operating System and it is used to power this website; however, the webserver is owned by the domain owner and not the CentOS Project. If you have issues with the content of this site, contact the owner of the domain, not the CentOS Project.

Unless this server is on the CentOS.org domain, the CentOS Project doesn’t have anything to do with the content on this webserver or any e-mails that directed you to this site.

For example, if this website is www.example.com, you would find the owner of the example.com domain at the following WHOIS server:

コンパスの包囲が逆?

時々、方向知りたいなと思うこともあるので、コンパスと温度計が一緒になってるものを買った。

家に帰って、ふと見ると海側がNになっている。

ここは神戸。山が北、海が南と身にしみているので、間違えようがない。

アプリをDLして並べてみた。

そしてこれはどういうことかと、Google で検索してみると、

包囲が逆になったコンパスの治し方を見つけた。

アルニコ磁石(銀色の棒状の磁石)かフェライト磁石(カラーマグネットなど薄っぺらい物が多いので何枚か重ねて使う)のような強力な磁石を1個用意してください。
ん~ 磁石を買いに行かなきゃいけないのか。
なんだか本末転倒なので、返品することにする。

 

リアルタイムプレビューの既知の問題について

リアルタイムプレビューの既知の問題について

DreamweaverCC2017のリアルタイムプレビューが、正常に動作しない(表示されない)場合

 

 

・[環境設定]>[リアルタイムプレビュー]>[一時ファイルを使用してプレビュー]にチェックを入れる。

従来のブラウザプレビューは、DreamweaverCC2017画面上部の、展開しているファイルの名前を右クリック>ブラウザーで開く>から可能となります

studiofineにメールが届かない場合の設定方法 覚え

迷惑メールの設定によってメールが届かない場合は、スタジオファインからのメールが受信できるようにドメイン指定受信で「studiofine.net」を許可するように設定してください。

Yahoo!メールのドメイン指定受信設定方法

Yahoo!メールにログインします。
Yahoo!メールトップページ右上の【メールオプション】をクリックします。
メールの管理【フィルターと受信通知設定】をクリックします。
【追加】ボタンをクリックします。
フィルター名「スタジオファイン」、From「@studiofine.net」「を含む」の条件を入力し、【保存】をクリックします。

Hotmailのドメイン指定受信設定方法

Hotmailにサインインします。
Hotmailトップページ右上の【オプション】をクリックし、ドロップダウンメニューの【詳細オプション】をクリックします。
迷惑メール【差出人セーフリストと受信拒否リスト】をクリックします。
【差出人セーフリスト】をクリックします。
許可する差出人またはドメイン「studiofine.net」を入力し、【リストに追加】をクリックします。

Gmailのドメイン指定受信設定方法

Gmailにログインします。
Gmailトップページ右上の【設定】をクリックします。
設定メニュー【フィルタ】をクリックします。
【新しいフィルタを作成】をクリックします。
フィルタの条件でFrom「@studiofine.net」を入力し、【次のステップ】ボタンをクリックします。
「迷惑メールにしない」にチェックを入れ、【フィルタを作成】をクリックします。

DoCoMoモバイルのドメイン指定受信設定方法

携帯電話の「i-modeボタン」を押します。
メニューの中から「i-Menu」を選択します。
画面中段の「お客様サポートFREE」を選択します。
メニューの中から「③各種設定(確認・変更・利用)」を選択します。
メニューの中から「メール設定」を選択します。
メニューの中から「迷惑メール対策設定」の「詳細設定/解除」を選択し、「iモードパスワード」を入力して「決定」を選択します。
メニューの中から「受信/拒否設定」の「設定」を選択して「次へ」を選択します。
「ステップ4」の「受信設定」を選択します。
「個別に受信したいドメインまたはアドレス」に「studiofine.net」と入力して「登録」を選択します。

※「i-Menu」のメニュー画面は随時変わる場合があります。

DoCoMoスマートフォンのドメイン指定受信設定方法

spモードメールアプリ起動します。
「メール設定」を選択します。
「その他」を選択します。
「メール全般の設定」を選択します。
詳細/その他設定(詳細設定/解除)を選択します。
パスワードを入力します。
受信/拒否設定(設定)を選択します。
「次へ」を選択します。
「ステップ4(受信設定)」を選択します。
「個別に受信したいドメインまたはアドレス」に「studiofine.net」と入力して「登録」を選択します。

※「i-Menu」のメニュー画面は随時変わる場合があります。

auのドメイン指定受信設定方法

携帯電話の「メールボタン」を押します。
メニュー最下部の「Eメール設定」を選択します。
メニューの中から「メールフィルター」→「次へ」を選択します。または「その他の設定」→「メールフィルター」を選択します。
迷惑メールフィルター設定「設定・確認する」ボタンを押します。
暗証番号を入力し「送信」ボタンを押します。
「詳細設定」を選択します。
指定受信設定「設定する」にチェックを入れ「次へ」ボタンを押します。
入力欄に「studiofine.net」と入力して「登録」ボタンを押します。

auスマートフォンのドメイン指定受信設定方法

画面下の「メール」のアプリを起動します。
「設定」を選択します。
「Eメール設定」を選択します。
「その他の設定」を選択します。
「パケット通信料が発生します」のメッセージが表示されたら、「OK」ボタンを押します。
「迷惑フィルター」を選択します。
「暗証番号」を入力し「送信」ボタンを押します。
「詳細設定」を選択します。
「指定受信リスト設定」で「設定する」にチェックを入れ「次へ」ボタンを押します。
入力欄に「studiofine.net」と入力して「登録」を選択します。
内容を確認し「登録」ボタンを押します。

iPhone(au)のドメイン指定受信設定方法

「メッセージ」をタップします。
宛先に「#5000」、本文に「1234」を入力し「送信」をタップします。
受信したSMSに記載されている「メール設定URLをタップ後、メール設定画面にアクセスします。
※メッセージ(SMS)の受信には時間が掛かる場合があります。
※メッセージ(SMS)着信から60分以内にアクセスしてください。60分を越えてのアクセスはエラーとなります。エラーとなった場合には、再度「#5000」宛へメッセージ(SMS)を送信して下さい。
EZwebメール設定画面を下にスクロールし、「Eメールアドレス変更・迷惑メールフィルター・自動転送」をタップします。
「迷惑メールフィルター」をタップします。
au電話ご契約時に設定された「暗証番号」を入力し、「送信」をタップします。
「指定受信リスト設定」をタップします。
「設定する」にチェックをいれ、「次へ」をタップします。
「studiofine.net」を入力し、「登録」をタップします。
キーワードが「studiofine.net」になっていることを確認して「登録」をタップします。
「登録が完了しました」の画面が表示されたら指定受信リスト設定完了です。

SoftBankのドメイン指定受信設定方法

携帯電話の「Y!ボタン」を押します。
画面最下部「設定・申込」を選択します。
設定・変更「4メール設定」を選択します。
「1.メール設定(アドレス・迷惑メール等)」を選択します。
「迷惑メールブロック設定」を選択します。
「個別設定」にチェックを入れ「次へ」ボタンを押します。
「5.受信許可・拒否設定」を選択します。
「受信許可リスト設定」を選択します。
「設定する」にチェックを入れます。
アドレス入力欄に「studiofine.net」と入力し「後」にチェックを入れます。
画面最下部「設定する」ボタンを押します。

iPhone(SoftBank)のドメイン指定受信設定方法

【Eメール(i.softbank.jp)の場合】

ブラウザ(safari)を起動し、画面下ブックマークアイコンを押します。
「MySoftbank」を選択します。
「ログインはこちら」を選択します。
「携帯電話番号」「パスワード」を入力します。
「メール設定」の「Eメール(i)」を選択します。
「迷惑メールブロック設定」の「次へ」ボタンを押します。
「受信許可リスト」の「変更」ボタンを押します。
「追加」をクリックします。
「メールアドレスの一部(または全部)」に「studiofine.net」と入力し、「後方一致」にチェックをいれ、「次へ」をクリックします。
「登録」をクリックし、設定完了です。

※Disney Mobile の方は、こちらの手順でMySoftbankにアクセスできます。

【SMS/MMSの場合の場合】

ブラウザ(safari)を起動し、画面下ブックマークアイコンを押します。
「MySoftbank」を選択します。
「ログインはこちら」を選択します。
「携帯電話番号」「パスワード」を入力します。
メール設定の「SMS/MMS」を選択します。
迷惑メールブロックの設定「変更する」ボタンを押します。
個別設定「個別設定はこちら」を選択します。
受信許可・拒否設定(受信許可リスト設定)を選択。
受信許可リストに「studiofine.net」と入力し、「後方一致」にチェックします。
「設定する」ボタンを押します。

リモートプロシージャコール というのを 初めて見た。

RPC(英: remote procedure call、リモートプロシージャコール)とは、プログラムから別のアドレス空間(通常、共有ネットワーク上の別のコンピュータ上)にあるサブルーチンや手続きを実行することを可能にする技術。 遠隔手続呼出とも。 その際に遠隔相互作用の詳細を明示的にコーディングする必要がない。

Acrobat failed to connect to a DDE server.エラーでPDFが開けない

PDFファイルを Adobe Acrobatで開こうとするのだが、Acrobat failed to connect to a DDE server.エラーでPDFが開けない。

Googleで調べた所
1.Adobe Reader 起動、「編集」→「環境設定」を選択
2.「一般」から[デフォルトのハンドラーを選択]
3.Adobe Readerを選択し、[適用]
というのをやってみようとするのだが、(2)から進めない。
FatalErrorが、次々に出て止まる。

とりあえずIllustratorで読み込むと見ることができたが。

原因不明。

BOOK LAB TOKYO

BOOK LAB TOKYO(ブックラボ トーキョー)
【住所】東京都渋谷区道玄坂 2-10-7 新大宗ビル1号館 2F
【OPEN】8:00~24:00
【CLOSE】無休
【最寄り駅】JR・メトロ/井の頭線「渋谷」駅より徒歩4分

IT関連書籍も並ぶ、本屋カフェ
2000円以上の本購入でコーヒー無料

電源席あり。

広めで、ゆっくり作業可能

winmail.datを受け取ったとき

Outlook を使用して送信されたメールに Winmail.dat が添付されていて、内容が見れない事があります。

Outlookユーザーがhtmlメールを送ろうとした場合、発生するようです。

自分が、他のソフトだと見れません。

テキスト形式のメールで再送信を、相手にお願いしてみてください。

それが無理なら、Gmailに転送してみるのはアリです。