Googleマップ埋め込み時にAPIキー完全必須

Google MAPS APIが7/16有料化?地図を埋め込んでいるサイトは要確認!
https://fastcoding.jp/blog/all/jquery/google-maps-no-longer-free/

完全に有料化するのではなく毎月200ドルまでの無料利用分が設定されており
グーグルによるとほとんどのサイトはこの無料分を超えることはないそうです。

EUデータ保護指令

「GDPR」は、「EU General Data Protection Regulation」の略だ。日本語では「EU一般データ保護規則」等と訳されているが、EU域内の個人データをEU域外に持ち出すことを厳格に制限する法律で、EU加盟国全てに適用される。

関係しそうな部分は

ドメインのWhois表示についてです。

これまで登録者や管理者の電子メールアドレス等が
表示されていましたが、これらのメールアドレス等が個人情報とみなされるため、Whois情報を管理してい
るドメインのレジストリ、レジストラにおいて電子メールアドレス等を非表示にする措置がGDPR施行後に行われているので、見えなくなっていく・・・ってことですかね?

Google アナリティクス覚え 2018.4.12

これは4月12日付けのお知らせの翻訳版です。
Google アナリティクス管理者の皆様
Google ではこの 1 年間、2018 年 5 月 25 日に施行される新しいデータ保護法「一般データ保護規則」の要件を満たすための取り組みについてお伝えしてきました。本日は、Google アナリティクス データへの影響が予想される重要なサービス変更と、一般データ保護規則の施行に備えるための最新情報についてお知らせいたします。お客様のユーザーの拠点が欧州経済領域(EEA)以外の場合でも、このメールをお読みいただき、必要な対応を行っていただけますようお願いいたします。
サービスの更新情報
Google は本日、詳細な管理が可能なデータ保持設定を導入し、Google のサーバーに保存されているユーザーデータとイベントデータの保持期間を、お客様ご自身で管理していただけるようにいたしました。2018 年 5 月 25 日より、ユーザーデータとイベントデータはこの設定に即して保持されるようになり、ご指定の保持期間を過ぎたデータは、Google アナリティクスによって自動的に削除されます。なお、この設定は集計データに基づくレポートには影響しません。
必要なご対応: 上記のデータ保持設定をご確認のうえ、必要に応じてご変更ください。
5 月 25 日に先立って、Google は新たにユーザー削除ツールも導入いたします。このツールを使うと、個々のユーザー(サイトの訪問者など)に関連付けられたすべてのデータを、Google アナリティクスやアナリティクス 360 のプロパティから削除できます。この新ツールは、アナリティクスの Client-ID(Google アナリティクスの標準的なファーストパーティ Cookie)や、User ID(有効な場合)、App Instance ID(Firebase 向け Google アナリティクスをご利用の場合)に送られる一般的な識別子に基づいて自動的に機能します。詳細につきましては、まもなく Google Developers サイトでお知らせいたします。
Google は今後も従来と変わらず、お客様によるデータ保護を可能にする取り組みを続けてまいります。Google アナリティクスとアナリティクス 360 では、データの収集、使用、保持に関するさまざまな機能とポリシーを今後も提供し、お客様がご自身のデータを保護できるようにサポートいたします。たとえば、お客様の会社に固有の状況とアナリティクスの実装方法を踏まえて一般データ保護規則の影響を評価するうえで、カスタマイズ可能な Cookie 設定プライバシーに関する設定データ共有設定アカウント閉鎖時のデータの削除IP の匿名化といった機能がお役に立つ可能性がございます。
契約とユーザーの同意に関する更新内容
契約に関する変更
Google では昨年 8 月より、多くのサービスの契約条項を更新し、新しい法律の下での Google の立場をデータ処理業者またはデータ処理管理者のいずれかとして示しています(Google 広告サービスの全分類をご覧ください)。一般データ保護規則に関する新しい条項は、Google との現在の契約を補完するもので、2018 年 5 月 25 日に発効します。
Google アナリティクスとアナリティクス 360 のどちらにおいても、Google は各サービスで処理される個人データの処理業者としての役割を果たします。
  • 欧州経済領域以外で Google アナリティクスをご利用のお客様と、アナリティクス 360 をご利用のすべてのお客様は、各アカウントの管理画面([管理] ➝ [アカウント設定])でデータ処理規約の更新版の確認と、更新版への同意が可能になっております。
  • 欧州経済領域で Google アナリティクスをご利用のお客様は、データ処理規約の更新版がすでに契約に含まれております。
  • Google とデータ測定サービスの利用契約を交わされていない場合は、ご契約先にご相談ください。
EU ユーザーの同意ポリシーの更新
Google の広告向けの機能に関するポリシーの規定により、Google アナリティクスまたはアナリティクス 360 の広告向けの機能をご利用のお客様は Google の「EU ユーザーの同意ポリシー」を遵守していただく必要がございます。Google の「EU ユーザーの同意ポリシー」は現在更新中で、更新されると一般データ保護規則の新しい法的要件が反映されます。更新版では、欧州経済領域においてお客様のサイトやアプリを利用するエンドユーザーに情報を開示し、かかるエンドユーザーから同意を得ることについて、お客様の責任が明確に示されます。
必要なご対応: お客様が欧州経済領域を拠点とされていない場合でも、Google アナリティクスとアナリティクス 360 をご利用の際にお客様のビジネスが一般データ保護規則の適用を受けるかどうかについて、貴社の法務部門や顧問弁護士と相談することをご検討ください。そのうえで、データ処理規約の更新版の確認と同意、EU ユーザーの同意ポリシーに準拠するための行動計画の立案をご検討ください。
詳細
データに関する Google のプライバシー ポリシーと取り組みの詳細については、privacy.google.com/businesses でご確認いただけます。また、データ処理規約もご覧いただけます。
今後数週間、Google のプランに関する詳しい情報を引き続きお知らせしてまいります。また、必要に応じて関連するデベロッパー向けドキュメントやヘルプセンター記事を更新してまいります。
何卒よろしくお願い申し上げます。
Google アナリティクス チーム

アナリティクスのデータ保持期限の設定が必要になる

アナリティクスのデータが設定しておかないと、消えることになったようだ。

https://support.google.com/analytics/answer/7667196

オプションを設定する

このオプションを設定するには、プロパティの編集権限が必要です。

  1. Google アナリティクスにログインします。Google アナリティクスにログインします。
  2. [管理] をクリックして、編集するプロパティに移動します。
  3. [プロパティ] 列で、[トラッキング情報] > [データ保持] をクリックします。
  4. ユーザーデータの保持: 希望の保持期間を選択します。
  5. 新しいアクティビティをリセット: スイッチをオンまたはオフにします。

(:80)? これがわからない

www無しでリダイレクトする記述を htaccessに書いたが思うように動かない。

(:80)?これがないと動かない

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(www.studiofine.net)(:80)? [NC]
RewriteRule ^(.*) http://studiofine.net/$1 [R=301,L]

意味不明なまま、とりあえず動くので覚え書きとしておきておくことにする。

LINE Mobile SNSをよく使う人には良いなと思ったが…

LINEや主要SNSのデータ通信量がゼロ円

というのが、SNSをメインに使う人には、良さそうに思って契約し、試してみた。

契約したのは、データSIM 初月は最大プランにしても無料。

コミュニケーション系サービスのLINE、Twitter、Facebook、Instagramが無料で、使い放題。

容量 データSIM(SMS付き)(データ通信+SMS)
3GB 月額1,110円
5GB 月額1,640円
7GB 月額2,300円
10GB 月額2,640円

意気揚々と、使ってみた

私にとっては使い物になりませんでした。

何日か速度テストを繰り返し、くらべましたが、えっ?と思うほど激遅。残念です。

普段使っている某SIMの方が、ましだと確認したので、解約します。

その方法をメモ

解約

LINEモバイルのマイページから(私はPCから)「解約する」ボタンを押す。 https://mobile.line.me/mypage/cancel/

  • 解約のお申し込みは当月末日まで受付可能です。月末日にお申し込みの場合、解約日が翌月末になる場合があります。
  • 月の途中でご解約手続きを行っても、解約日は末日付けとなります。
  • 解約お申し込み後のキャンセルはお受け付けできません。
  • ご利用中のSIMカードは、解約後にご返却ください。
  • 最低利用期間中に解約される場合は、最低利用期間内違約金がかかります。
  • サービス開始月に解約お申し込みをされた場合、1ヶ月分の月額料金を請求します。
  • 解約処理が行われるまでに音声、データ通信、オプションをご利用になられた場合には利用された分のご請求が発生しますのでご注意ください。
  • 本サービスの解約後は、SIMカードを送料自己負担にてご返却いただきます。
    ※必ずご解約手続きを行った後にご返却ください。SIMカードの返却だけでは解約となりませんので、ご注意ください。
    ご返却いただけなかった場合、またはご返却いただいたSIMカードに破損や切断などの異常が見つかった場合は、SIMカード損害金を請求させていただく場合があります。
  • LINEモバイル解約時に分割払い(24回)が残っている場合は支払完了まで分割払い(24回)を継続するか、残金一括払いをするかを選べます。

    ボタンを押すと解約申し込み確認ページへ。

    • 解約理由

    • 使用用途

    • 通信速度

    • 通信容量

    • 月額料金

    • サポート

    • サービスへのご意見

    • 解約後の予定

今後利用予定の事業者

などのアンケート記入が必要。

解約申し込み完了

解約申し込みを受け付けました。
当月末日までサービスはご利用いただけます。
解約申し込みのキャンセルは行えません。

あとは、

  • [返送先住所]
    〒277-0834
    千葉県柏市松ヶ崎新田字水神前13-1
    ロジポート北柏501 LINEモバイル株式会社 返却窓口

ここにSIMを返送したらいいわけだ。

htpps化まったなし

Chrome バージョン 62 以降では、ユーザーが HTTP サイトにデータを入力すると、「Not secure」警告が表示されます。
(中略)
最終的には、シークレット モードではないときも、すべての HTTP ページに対して「Not secure」警告を表示する予定です。今後のリリースが近づいた際にアップデートを公開しますが、HTTPS への移行はできる限り早く進めてください。
Google ウェブマスター向け公式ブログ: Chrome の HTTP 接続におけるセキュリティ強化に向けて

ユーザーがもっと安全にサイトを閲覧できるよう、すべてのサイト所有者の皆様に HTTP から HTTPS への切り替えをおすすめしたいと考えています。
(中略)
このランキングの変更は、グローバルでクエリの 1% 未満にしか影響しませんが、これから長い期間をかけて強化していきます。全体的に見ると、このシグナルは良質なコンテンツであるといった、その他のシグナルほどウェイトは大きくありません。
Google ウェブマスター向け公式ブログ: HTTPS をランキング シグナルに使用します

日本語ドメインについて

日本語ドメインは、ぱっと目につくので、良さそうに思うかもしれませんが、お薦めはしません。

日本語の使えるPCのみ対象なのは、デメリットが多すぎます。

日本語ドメインは、基本的に日本語を変換して使われることになります。サイトをメールで紹介する場合、日本語ドメインを英語ドメインに変換してから使うことになります。ドメイン名の意味不明な文字列を見たことがあるでしょうか?英文字を使った文字列でしかなく、見た目はまったくわからないものです。

xn--bckgq9ce0bylrj.net = スタジオファイン.net

日本語ドメインは日本でしか通用しないということです。

しかしながら、コンテンツがしっかりさえしていれば、問題ないという時代になっているので、そんなに心配しなくてもいいのかもしれません。

私は、海外に行って、その土地のパソコンで、自分のサイトのURLが入力できないなんて、考えるだけでも嫌ですが。