WordPressに深刻な脆弱性あり!早急にアップデートを!

https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20170206-wordpress.html
本脆弱性を悪用する攻撃コードが確認されていますので、対策済みのバージョンへのアップデートを大至急実施してください。投稿内容を改ざんされる可能性があります。

REST APIの処理に起因する脆弱性

(対象)
WordPress4.7.0 から4.7.1

(対策)
WordPress4.7.2(最新版)へのアップデート

PHP バージョン 5.6 以上 覚え書き

WordPress 日本語版の推奨動作環境

PHP バージョン 5.6 以上
MySQL バージョン 5.6 以上 または MariaDB バージョン 10.0 以上

古い PHP や MySQL しか利用できないレガシーな環境でも、PHP 5.2.4 以上、かつ MySQL 5.0 以上であれば WordPress は動作しますが、公式サポートは終了しており、サイトがセキュリティの脆弱性にさらされる危険があります。

パーマリンク 迷うけど 今はこれ

/%category%/%postname%/

これにしていたけど

英語名前にするのは、負担大きいので、

日本語のままにしたりしていたが、

やはり気になる

/%category%/%post_id%/

こっちにしよう

————————————————–
と思って一年ばかり過ぎたが

カテゴリー名変えたくなるときもあるなと最近思い出したので、

/%postname%

にしよう。

そして、しばらく経った。
これだと、移転するとき ポスト0になったりするらしい。

やめとこう

%category%/%post_id%
そして今はまた、これに

あるサイトだけ、SiteGuard WP Pluginが、効かない

解決:WAFを設定しているサーバーのサイトだった。
WAFによりアクセス遮断されるので、.htaccessに除外コードを書き込む
———————————————————–

SiteGuard WP Pluginが、効かない。

有効化しようとすると、404エラーで、真っ白。ログインどころか、何も表示されなくなり、慌てた。

ネット検索で、解決策を探す。

しかし解決策よりも 先に表示を戻したい 特効薬ともいえるのが

.htaccess からこのプラグインの記述を外してアップすると表示がもどった。

さて、どうしようか・・・

apache mod rewrite 確認する。(URL転送が動かない場合)

うぅ+++++

ワードプレスに入れておこうと思っているプラグイン 2013.3.7現在

AddQuicktag 定型入力に利用できるタグを追加できる。

Akismet スパムからブログを保護

All In One SEO Pack  SEO 用

BackWPup WordPress バックアップ DBとファイルを別々に保存

Contact Form 7 お問い合わせフォーム

Google XML Sitemaps

SiteGuard WP Plugin セキュリティ

WP Multibyte Patch 2バイト文字取り扱い不具合の修正と強化

WP Total Hacks 納品用にいろいろ便利かも

All in One WP Migration 速攻移したいときにはこれ

 

WordPressバックアップや移設にはこれ!

All in One WP Migration プラグインを初めて試したところ。うれしくなるほど楽に移設できました。

ローカルに簡単に構築できて、本当に助かります。

データベース・画像・テーマ・プラグイン すべて丸ごとインポート・エクスポートできる上に、インポートするときに、URLを自動的に変更し、ドメインや画像ファイルのパスも自動的に変更。

助かります。

 

使い方覚え

移動先のWPに、このプラグインをインストール。

データベースの置き換える場合には 内容を書く

オプションでコメントやメディアライブラリ、など エクスポートしないものを指定できる

EXPORT TO FILE(ファイルをダウンロードしてエクスポート)緑の文字

完了するとファイルをダウンロードできる。

元からエクスポートして、先のWPにインポート(ファイル)

パーマリンクを指示せよというメッセージがでる。そこでデータベースを書き換えするとOK

 

 

 

 

WordPressパーマリンク設定

WordPressパーマリンク設定

%year% 投稿年
%monthnum% 投稿月
%day% 投稿日
%hour%  投稿時刻の時
%minute% 投稿時刻の分
%second% 投稿時刻の秒
%postname% 投稿タイトル(投稿スラッグ)
%post_id% 投稿ID
%category% カテゴリー名(カテゴリースラッグ)
%tag% タグ名(タグスラッグ)
%author% 著者名

 

カテゴリ+ID : /%category%/%post_id%/