リモートプロシージャコール というのを 初めて見た。

RPC(英: remote procedure call、リモートプロシージャコール)とは、プログラムから別のアドレス空間(通常、共有ネットワーク上の別のコンピュータ上)にあるサブルーチンや手続きを実行することを可能にする技術。 遠隔手続呼出とも。 その際に遠隔相互作用の詳細を明示的にコーディングする必要がない。